浮気調査比較.jp 探偵会社 費用 料金などのまとめサイト

慰謝料について基本の4点

浮気調査で証拠が見つかって、離婚をする事になった。そこで必ず関わってくるのが慰謝料です。

とても大事な物ですが、詳細はあまり分からないと思います。

今回は慰謝料について、本当に基本となる事について紹介したいと思います。
次の4点については、最低限理解しておくと良いと思います。

【1】慰謝料を請求する相手について

もちろん浮気をしたパートナー、つまり旦那であり妻に決まってるじゃないかと思うかもしれません。

実は慰謝料はパートナーだけでなく、その不倫相手にも請求する事が出来るんです。

ですがこれには制限はあり、以下の場合には請求は出来ません。

・不倫相手が相手が結婚している事を知らなかった場合。

・不倫を始めた時に夫婦関係が破たんしている場合。

つまり不倫相手に慰謝料が請求できるケースは、故意に行っていた場合に請求が出来るのです。

【2】請求額について

現状、慰謝料請求額の相場はないと思って頂いて良いと思います。

なぜなら慰謝料というのは、不倫行為によって受けて精神的ダメージに対して支払うものです。
ですので、それは人によって様々だと思います。

結婚生活や不倫関係の期間や浮気をされた側の受けるダメージも人やケースのよって違いますので
それを考慮して請求額は決定されます。

実際は200万前後で収まるのが多いようです。

【3】証拠について

これは当たり前の事ですが、不倫による裁判をおこして慰謝料を請求するには
それを立証する為の証拠が必要になります。

不十分なものでは、請求できないので決定的な証拠得る為に、探偵事務所に依頼する方が多いと思います。

【4】時効について

あまり知られていないと思いますが、不倫・浮気による慰謝料の請求には時効があるのです。
慰謝料請求は3年で時効となります。

基本的には、不倫をされていると知った時や不倫の相手を知った時から3年です。

時間はあると考えるかもしれませんが、悩んでいるだけだと時間はすぐにたってしまいます。

悩んだら、探偵事務所に相談をし証拠を捕まえて、慰謝料を請求する準備もしておきましょう。

浮気調査についてもっと知ろう!

  • 探偵事務所の選び方
  • 探偵事務所の料金の相場
  • メリット・デメリット
  • 浮気をしている人の行動パターン
  • 調査体験談
  • ブログ